【とっておき雑貨】momo market* 楽しいキッチン・インテリア通販

スタイルで選ぶ

 フラワーアレンジメント
 花束
 鉢植え
 フラワーギフトセット
 プリザーブドフラワー
 CT触媒

イメージで選ぶ

 スタンダード
 ハピネスピンク
 ナチュラル
 アジアン

価格で選ぶ

 2500〜2999円
 3000〜3499円
 3500〜3999円
 4000〜4999円
 5000〜6999円
 7000円〜
 
送料無料

こだわりで選ぶ
 配達日を指定する
 お母さん・お義母さん


▼人気ランキングで選ぶ
日比谷花壇 人気商品ベスト3
人気第1位
人気第2位
人気第3位
花を贈るなら日比谷花壇へ




 日比谷花壇トップ
 e87.comトップ
 (1)母の日ギフト特集



TOP>特集>母の日ギフト特集 2006年(2)

母の日/カーネーション

母の日のこと、もっと知ろう

 母の日の由来

母の日を祝う行事の誕生は、はるか古代にさかのぼります。
さまざまな説があり、ギリシャ時代、春になるとレアという“神々の母”といわれる女性の神様をたたえる祭りが行われていたという説などがあります。現在のように母の日が行われるようになったのは、20世紀初頭のアメリカで母親思いの女性が起こした行動がきっかけでした。

アンナ ジャーヴィス(Anna M Jarvis)という女性が、自分を苦労して育ててくれた母親の命日に追悼の意を表し、フィラデルフィアの教会で「亡き母をしのぶ」という花言葉の白いカーネーションを霊前にたくさんたむけ、母親を偲んだというのです。このことが参列者に大きな感動を与え、全米へと広がっていきました。これを期に、アンナは支援者と共に母に感謝の気持ちを捧げる休日を作るよう、議会に呼びかけました。やがてその声は大統領にまで届き、1914年のアメリカ議会では、5月の第2日曜を「母の日」と定め、国旗を掲げてお母さんに感謝の意を示すこととなったのです。

母の日のカーネーションこうして、「母の日」は世界中へと広がっていきました。日本に母の日が伝わったのは、大正時代、当時青山学院の教授だったアレクサンダー女史により紹介され、キリスト教関係の団体が中心になってこれを広めました。昭和に入り、3月6日の皇后誕生日が母の日となりましたが、戦後、本家にあわせて現在のかたちになりました。当時、母性愛を表すカーネーションの赤い花は母が健在なる人、母が亡くなられた人は白い花を胸に飾り、母への感謝の意を表わしましたが、業界の提唱もあって次第に母に花を贈るというスタイルになっていきました。

このようにして母の日にカーネーションを贈ることが定番になっていったのです。そして現在ではカーネーションを贈るという型にはまらず、自分が贈りたいものや母親が望むものを贈るのが主流になってきているようです。とはいえ、赤いカーネーションを見ると、なぜだか母親を思い出してしまうもの。母の日=カーネーションという式は、日本人の脳裏から当分消えることはないのでしょう。(フラワーギフト「e87.com」

                                         
    母の日人気No1 「ジュエル」¥3,675
母の日人気No1
「ジュエル」
¥3,675
      母の日人気No2 「カーネーション オレンジデュオ」¥2,940
母の日人気No2
「カーネーションオレンジデュオ」
¥2,945
      母の日人気No3 プリンセスローズ ¥3,465
母の日人気No3
「プリンセスローズ」
¥3,465
      母の日人気No4
母の日人気No4
「エレガンス」
¥3,675
      母の日人気No5
母の日人気No5
「フルーツバスケット」
¥4,095
   

母の日に喜ばれるフラワーギフトを探そう


 母の日のカーネーション

母の日のカーネーションカーネーションは、十字架にかけられたキリストを見送った聖母マリアが落とした涙の後に生じた花という言い伝えがあります。花言葉は、赤は「愛を信じる」、白は「私の愛は生きている」、ピンクは「熱愛」などで、母性愛を象徴しています。まさに大切な母親に贈る花として最適です。

カーネーションが生まれたのは旧ソ連のコーカサス地方。古く、ギリシャ時代から栽培が始まったといわれ、ギリシャ神話にも美しい娘の生まれ変わりの花として登場しています。その名前の由来にはいろんな説がありますが、ラテン語の“肉色”(Incarnation) という、原種の色からきた説、また、シェークスピアの時代には花冠として使われたことから“戴冠”(Coronation)からきた説などが主に伝えられています。

母の日のカーネーション中世に入ると、しばしば絵画や彫刻に、あるいは詩や小説の中で、その美しさが表現されるようになりました。このように芸術、文芸作品を通してカーネーションは、古くから人々に愛されてきたようです。

カーネーションは、その後、ヨーロッパを中心に盛んに栽培され始め、19世紀、フランスの園芸家によって、現在のカーネーションが生まれたと伝えられています。また、20世紀には、アメリカで温室カーネーションが栽培されるようになりました。こうして誕生したカーネーションは、徳川時代に日本へやってきました。オランダ船によってもたらされたため、当時、オランダナデシコ、オランダセキチクという愛称で親しまれていました。その美しさと、ふくいくとした甘い香りから、ジャコウナデシコの和名もありました。そして明治35年、東京の新宿御苑で日本初のカーネーションが生まれました。遠く海を越えてやってきたカーネーションは、このような長い歴史に育まれていたのです。(フラワーギフト「e87.com」

                                         
    鉢植えセット「金澤烏鶏庵 烏骨鶏かすていら」
「金澤烏鶏庵 烏骨鶏かすていら」
¥5,250
      鉢植え「カーネーションマザービューティー」
「カーネーションマザービューティ」
¥2,940
      アレンジメント「ラブリーバスケット」
「ラブリーバスケット」
¥4,095
      鉢植え「カーネーション・レモンソフト」
「カーネーション・レモンソフト」
¥2,940
      花束「エレガンス」
「エレガンス」
¥3,675
   

母の日に喜ばれるフラワーギフトを探そう


Powered by e87.com(イイハナドットコム)

Copyright(c)2005-2006 momo All rights reserved.